溶融紡糸用ノズル

溶融紡糸用ノズル

【溶融紡糸ノズル】

熱可塑性のポリマー(高分子材料)を繊維にする際に用いられます。
高熱をかけ流動性が高くなった原料の高分子を小さな孔から圧力をかけて押し出し、引っ張りながら冷却して糸を作ります。
他の紡糸方法と比べて紡糸速度は速く、高い生産性が特徴です。ポリエステル、ナイロン等の紡糸に使われており、ノズルの孔を様々な形状に変えることで異型断面の繊維を作ることが出来ます。
弊社はお客様の希望繊維断面よりノズル設計のお手伝いを承ります。

溶融紡糸用ノズル SEM
吐出孔の仕上げは、鏡面仕上げ マット仕上げ 各種表面処理が可能
シャープエッジ R加工 お客様のご希望にお応えします。

丸孔

孔径 L/D 孔径精度  Accuracy of D 孔長精度 Accuracy of L
Special Standard Special Standard
φ0.03~0.5 1/1~5/1 ±0.001 ±0.002 ±0.01 ±0.02
φ0.5~1.0 1/1~10/1 ±0.001 ±0.002 ±0.01 ±0.02
φ1.0~2.0 1/1~25/1 ±0.003 ±0.005 ±0.02 ±0.03

異型孔

スリット幅
L/D
スリット幅精度 Accuracy of W
孔径精度 Accuracy of L
Special
Standard
Special
Standard
0.045W~0.08W
1/1~4/1
±0.001
±0.002
±0.01
±0.02
0.08W~0.11W
1/1~5/1
±0.002
±0.003
±0.01
±0.02

溶融ノズル材料表

材質
耐食性
強度
熱伝導
コスト
SUS316
A
C
C
C
SUS304
B
C
C
B
SUS420J2
D
B
A
A
SUS431
C
B
A
C
SUS630
B
A
B
C
ハステロイ
AA
B
C
D

【表面処理】 HCr、CrN、DLC、TiC、TiN、SiO2、など各種加工を致します。

異型状リスト

異型状リスト