我が社の沿革

1928年 精密部品加工技術を活かし時計の修理工場として始まる
1930年 3月 ビスコースレーヨン製造用紡糸ノズルの国産化に着目
1932年 4月 国内人絹製造各社との取引を開始
1950年 9月 本社工場を神戸市灘区中郷町に設置
1970年 3月 本社工場を神戸市灘区篠原台に新設移転
アセテートノズル生産拡大
1978年 10月 スパンレース・ストリップジェット生産拡大
1984年 2月 営業部を神戸市三宮に移転、本社工場より分離
1988年 8月 本社工場及び営業部を神戸ハイテクパークに新設移転、 設備増強
スパンボンド・メルトブローンノズル生産拡大
1993年 2月 省エネタイプ・スパンレースホルダー開発
メルトブローン装置研究開発開始
2008年 4月 株式会社中村超硬への全株式譲渡、経営体制の刷新
スパンレース・ストリップジェットNN20 新素材開発
舶用燃料弁、薄膜塗布ノズル、紡糸ノズルパック生産拡大
2010年12月 ISO9001、ISO14001 認証取得
マイクロ・ナノファイバー用狭ピッチ高L/D ノズル生産拡大
2012年9月 中国現地法人 无锡力宏喷丝板贸易有限公司 設立
2014年5月 自動紡糸ノズル検査機 Red Scan 開発に着手
 
1931年
笠原研究所設立当初のノズル加工用マシン 当時はノズルに関する資料がなく、加工機からすべて手づくりで製作。日本初のオリジナルノズル加工用マシンの誕生となりました。
  19701970年
事業拡張のため新設移転 した当時の本社工場
六甲山の麓、神戸市灘区篠原台の新工場から、世界に向けての挑戦が始まりました。